事務所について お知らせ

大沼洋一法律事務所

相続

Q.被相続人の預金口座の履歴を調査することはできますか?
A:預金取引記録開示請求事件 における最判平成21年1月22日の判決で 金融…
Q.遺産分割の方法について教えて下さい。
A:現物分割、換価分割、代償分割の方法があります。現物分割とは文字通り、現物…
Q.遺産分割について教えて下さい。
A:相続人が複数いる場合には、相続の開始により,共同相続人が相続財産を共有し…
Q.遺留分減殺請求権はいつまで行使できますか。
A:相続開始と減殺すべき遺贈・贈与があったことを知ったときから1年間で消滅し…
Q.遺留分権利者は遺留分をどのようにして手に入れることができますか。
A:遺留分減殺請求権を行使します。 例えば、不倫相手に全財産を遺贈する。との…
Q.遺留分の放棄はできますか。
A:遺留分の事前放棄は家庭裁判所の許可を得ればできます。なお、相続の放棄は被…
Q.遺留分割合について教えて下さい。
A:遺留分権利者が直系尊属のみの場合は、遺留分算定の基礎となる財産の1/3で…
Q.遺留分について教えて下さい。
A:遺留分とは,一定の相続人に与えられた相続財産の最低取得割合で,贈与や遺贈…
Q.遺贈とは何ですか。
A:遺言書によって,自分の死後に相続財産を与えることをいいます。相続人だけで…
Q.前に書いた遺言書を書きなおしたいのですが、問題ありませんか。
A:遺言はいつでも撤回可能です。 新しく作成した遺言の内容が,前に作成した遺…
Q.遺言書1通を妻と一緒に作成することは可能でしょうか。
A:他人と一緒に作成した遺言(共同遺言といいます)は無効とされています。 そ…
Q.遺言はいつから書けますか。
A:15歳以上であれば作成可能です。…
Q.秘密証書遺言とは何ですか。
A:遺言書本人が作成,署名押印して封印,その後に公証人・証人の前で申述,封書…
Q.公正証書遺言とは何ですか。
A:公証人が遺言者本人の口述を筆記するものです。公証人という法律専門家のチェ…
Q.自筆証書遺言とは何ですか。
A:遺言者本人が,全文,日付,氏名を自書して押印する形式の遺言です。 自筆証…
Q.遺言の種類について教えて下さい。
A:自筆証書遺言と公正証書遺言と秘密証書遺言があります。…
Q.相続の承認とは何ですか。
A:単純承認と限定承認がありますが、単純承認とは、無条件で相続を承認すること…
Q.相続放棄とは何ですか。
A:相続人の相続分を放棄することです。 相続開始があったことを知ったときから…
Q.法定相続分について教えて下さい。
A:  民法の規定によって定められる法定相続分は以下の通りです。  …
Q.相続分について教えて下さい。
A:遺言書によって指定される指定相続分と民法の規定によって定められる法定相続…
Q.代襲相続とは何ですか。
A:被相続人より子や兄弟姉妹が先に死亡している場合,相続欠格・廃除により、相…
Q.遺言書に基づいて行った相続を、遺産分割でやり直せますか?
A:相続人全員の合意が得られる場合、法律上は、遺産分割によりやり直すことは可…
Q.遺言書を見つけました。封印がされているのですが、勝手に開封してもいいのですか?
A:勝手に開封はしないで下さい。遺言書を家庭裁判所が確認する「検認」という手…
Q.死亡した父の借金を払いたくありません。借金も相続するのですか?
A:何もしなければ借金(負債)も相続します。 借金を相続したくない場合は、「…
Q.相続の順位について教えて下さい。
A:配偶者は常に相続人となります。その他の者は、以下の順位によります。 (…
Q.養子も相続人になるのですか?
A:養子も実子と同様に、相続人になります。…
Q.誰が相続人になるのですか?
A:民法では、相続によって財産を受け継ぐ人の範囲が定まっています。これらの人…
Q&A その他のカテゴリ